ライフティで解約する場合

ライフティで解約する方法はとてもシンプルです。
公式サイトの「よくある質問」コーナーにも書かれていますが、電話をして手続きをするだけです。問い合わせ窓口「0570-200-206」に電話をして解約したい旨を伝えればそれでOKです。

 

ただ解約する時はもちろん借金を完済している状態であることが求められます。借入残高を残したまま解約してさよなら、とはいかないので覚えておきましょう。

 

ライフティで解約するメリットや注意点

ライフティは特に年会費がかかるカードローンではありません。

 

ですからもし完済しているのなら、遅延損害金が発生することも契約維持費が発生することもありません。
利用額がゼロ円という状態のまま契約が続くだけです。残高ゼロ円ということで契約を維持し続ければ、特に再びお金を借り入れたい時に審査を受ける必要はありません。これまでのように融資を申し込んで借りるだけです。

 

しかし解約してしまえば再び審査を受けることになってしまいますので、余計な手間や時間がかかってしまいます。
特にライフティは基本、即日融資というよりカードでの取引が主体となります。無人契約機もないので即日カード発行もできず、数日間は郵送されるのを待っていないといけません。ですからもし今度借り入れる可能性があるのならそのまま契約をキープしておくほうが賢明と言えます。

 

ただし解約することでメリットがうまれることもあります。例えばライフティ以外のもっと金利やサービスが自分のニーズに合っている業者との契約をしているかこれからする場合、総量規制の関係上契約がひっかかるとか増額できないということがあるでしょう。そういう場合にライフティを解約することで枠を拡げるという方法はあります。

 

または住宅ローンなどを契約するうえで、消費者金融業者からの借入枠がないほうが良いという場合もあるかもしれません。こうしたはっきりしたメリットがあるのなら、解約するのも一つの手といえます。

 

解約は慎重に!

上記のような目的があったり、あるいは浪費癖があるので解約して無駄な出費を無くしたいといった願いがあるのなら、解約するのも懸命と言えます。

 

ただ特に目的や意志があるわけではなく、なんとなく解約したいということであれば慎重になったほうが良いでしょう。
再審査によってまた在籍確認が行われたり、書類を準備したり、カードを待ったりすることを考えると、契約をそのままにするほうがメリットが大きい場合もあるでしょう。解約は簡単にできる分、よく考えてから決定しましょう。